どんなときに通えばいいの?心療内科の基礎知識


心療内科では何を診るの?精神科とは違いは?

精神科や心療内科、神経科、神経内科など同じような名称の科が多くて、どんな時にどこに通えばいいのか迷いますよね。ここでは科の名称による違いから心療内科の領域までを説明したいと思います。

精神科と神経科は同じもので、幻聴や物忘れなどの症状やうつ病などの心の病気を診ています。神経内科はパーキンソン病などの神経疾患を対象としています。心療内科は心理的な要因で引き起こされる体の症状、心身症を扱っています。頭痛や腹痛など、ストレスから起こる体の不調は心療内科の対象です。メンタルヘルス科やメンタルクリニックと看板を掲げている場合、または、精神科と一緒になっている場合もあります。心療内科でも軽いうつ病や精神症状など心の病気を診ている所もありますので、迷った場合は実際に訪ねて診てもらうのがいいかもしれませんね。

心療内科ではどんな治療をするの?

心療内科では心の重圧からくる体の症状を対象としていますので、行う治療法も薬物等の内科的処置やカウンセリング等の心理的療法まで様々です。例えば、ストレスからくる過敏性腸症候群の治療では腸の動きをコントロールするための薬物や精神症状を改善させるための抗うつ剤等を用い、併行して精神的ストレスを軽減させるためのカウンセリングを行ったりもします。症状によって必要であれば他科と連携を取ったり、より適切な所へ紹介されたりもします。いずれにしろ年単位でお世話になることが多い科ですから、気長にじっくりと通うことが大切ですね。

岡山の心療内科では、精神面だけではなく肉体的な不調に関する相談も受け付けています。症状に合わせて、投薬や認知行動療法など、さまざまな治療を行っています。